歯科助手

痛みのない最新歯科治療|インプラントで生活がイキイキ変わる

負担なく通院できる

先生

都島の歯医者では、小さい子供でも負担なく治療を受けてもらえるよう、専門的に対策を行なっています。多くの子供は歯医者を嫌っているものであり、虫歯の治療によって激痛を受けた経験から、トラウマになっている子供も多いものです。都島の歯医者は、子供に負担を与えない治療法を使用しています。麻酔注射時に歯茎に麻酔剤を塗布することで、麻酔による痛みを軽減させるのです。麻酔注射は治療の痛みを抑えるために必要なものですが、麻酔注射自体にも痛みがあるため、子供にとっては耐え難いものとなります。初めに麻酔剤を歯茎に塗ることで、注射による痛みを効果的に取り除くことができるのです。他にも、極小の麻酔針を使用する無痛注射を行なう場合もあるので、使用することで施術の間無痛で治療を受けることができるでしょう。

子供が歯医者を嫌う理由は、歯科の雰囲気に恐ろしさを感じるという点も挙げられます。多くの歯科では、清潔感を表すため白を基調とした室内にしています。しかし、一面白色の室内というものはある種の圧迫感があるため、子供の恐怖心を増幅させることとなります。そこで都島の歯医者では、暖色を基調とした室内としています。黄色やピンクなどの暖色は、子供の心を安心させる効果があるので、子供に恐怖心を抱かせず、通院させることができるでしょう。また、漫画や絵本、おもちゃなども置いているので、待合室で退屈をさせることもありません。子供だけではなく、親が治療を受ける場合にも手のかかる子供を預けることができるため、都島の歯医者には多くの人が訪れています。