歯科助手

痛みのない最新歯科治療|インプラントで生活がイキイキ変わる

子供の時に行わせたい治療

白い歯

歯の歯列矯正は、顎の骨が発達する前の、子供の内に行なわせておく必要があります。大人になった後でも歯列の矯正は行なうことができますが、どのような病も初期での状態で治療を行なう方が高い効果が得られるものです。子供のうちで矯正を行なうことで、生えてくる永久歯も自然な状態で生えそろってくるのです。多治見市の矯正歯科では、最も歯列矯正において効果が高い、六歳から七歳ごろの子供への治療を推奨しています。多くの人は、それくらいの子供に治療を行なったとしてもすぐに乳歯が永久歯に生え変わるので、意味はないのでは、と考えるでしょう。しかし、早めの段階で歯列矯正を行なうことで、乳歯から生え変わる永久歯の生え方にも影響を与えることができるのです。歯列矯正は歯の生え方だけではなく、顎の骨の正しい成長を促す効果もあります。そのため多治見市の矯正歯科では、小さい子供への歯列矯正をおすすめしているのです。

多治見市の矯正歯科では、金属ブラケットを使用した治療法などにより歯の矯正を行ないます。一見して強い痛みや圧迫感がありそうな印象を持たれる金属ブラケットですが、実際には治療を受けている人にはそれほど負担は感じられないものです。治療のはじめは違和感などを覚えることはあるものの、時間が経つごとに慣れてくるため、治療を終えるまで不自由なく生活ができるでしょう。子供の中には、この金属ブラケットを使用することに抵抗を感じる子もいるでしょう。金属ブラケットは見た目も目立つので、使用することを嫌がる子供も多いのです。多治見市の矯正歯科では、そういった見た目を嫌がる子供のために、裏側矯正や透明なブラケットを利用した治療を行ないます。気難しい子供でも嫌がらずに治療を受けさせられるので、誰でも利用することができるでしょう。